2009/08/22

単一Gmailアカウントで複数のTwitterアカウントを登録する方法【改】

Google Reader の未読を消化していたところ、ライフハッカーさんの記事に目が止まったので内容を読んでみました。

Twitterヘビーユーザ必見!同じGmailアカウントで複数のユーザ登録をする方法 : ライフハッカー[日本版], 仕事も生活も上手くこなすライフハック情報満載のブログ・メディア

記事では

同一のGmailアカウントで複数のTwitterアカウントを管理できると便利ですよね。この方法を米ブログメディア「Digital Inspiration」が紹介しています。ポイントは「.(ピリオド)」を使うこと。

とあり、実際には

「hello@gmail.com」というメールアカウントにおいて、「he.llo@gmail.com」や「he.ll.o@gmail.com」といったアレンジができ、かつ「hello@gmail.com」でこれら全てのアカウントのメールが受信されるという仕組み。この方法をTwitterで複数ユーザ登録をする際に応用すると、同一のGmailアカウントで複数のTwitterユーザを管理することができますよ。

というわけです。 これ、熱心な Gmail ユーザの間では当たり前のように知られている話ですね。そして、実はこの方法以上にもっと使いやすく、かつ無限にメールアドレスを作る方法もあるのです。

それはメールアドレスのアカウント部分に "+" をつけ、続けて好きな文字を並べるという方法です。具体的に言うと、記事内で例に挙げられている "hello@gmail.com" アカウントの場合、"hello+hoge@gmail.com" や "hello+foo@gmail.com" なんかが利用可能なわけです。どうです?これなら無限にメールアドレスをつくることができますね。実際にはメールアカウントが増えているわけではなく、単にエイリアスという扱いになるので、すべてのメールは "hello@gmail.com" で受けられるのです。

検証も含めて試しに新規アカウントを作ってみました。

twitter_account_regist#1

私は既に Twitter アカウントを取得していますので、それで利用している Gmail メールアドレスを入力してみたところ、当然ながらエラーとなりました。

twitter_account_regist#2

しかし、Gmail のアカウントに続けて "+alphageeker" と入力すると "ok" という表示がでましたのでそのまま Twitter アカウントを作成。

twitter_account_regist#3

Gmail 受信トレイを見てみると、ちゃんとメールが届いていました。

ちなみにこの方法は Twitter 以外のサービスにおいても、「メールアドレスをサービスアカウントとして利用しているもの」であれば利用可能です。ただし中には "+" 記号を許していない場合もあるので、そんなときにはライフハッカーさんで紹介されている方法が有効になると思います。