2009/11/06

注文していたブロガー名刺が届いた

技術者交流会やカンファレンス、セミナーなどで様々な人たちにお会いする機会があるのですが、そこでの名刺交換は今まで会社の名刺だったわけです。しかしどうにも「会社の名刺」ということに違和感があり、以前より気になっていたブロガー向けの名刺を注文してみました。

少し古いエントリですが、

ミニカードサイズの名刺「ブロガー名刺」を作ってみました - ProjectDD Blog

ここにいくつかのサービスが紹介されていたので、草分け的存在の MOO に発注してみました。

まず、ブロガー向けの名刺、というものにはっきりした定義もなさそうなので、ミニカードと呼ぶことにします (どうも一般的にその名称の方が浸透していそう)。いくつかのサービスを見てみて思ったのは次のような点で共通しているということ。

  • 一般的な名刺の半分以下のサイズ
  • 細長い形をしている
  • 基本的に両面印刷
  • 片面には自由な写真やイラストを入れられる
  • 写真やイラストは単一でなくてもよい(1度の注文でいくつもの写真、イラストを入れられる)

このような特徴を持っていて、通常の名刺価格とさほど変わらないか、むしろ安いくらいです。

今回、私は 10/24 にサイトから注文しました。初めてだったということもあり、指定する写真やイラストを事前に用意していなかったので、1枚の写真だけを使って100枚。価格は $24.98 で、送料が $5.75 です。これに加えて、専用のカードホルダー $4.99 も注文しました。以下が届いた商品。

moo#1
パッケージはしっかりしたビニール素材の封筒で、内側はエアパッキンで覆われていました。

moo#2
とても綺麗な箱に収まっています。

moo#3
箱を開けるとこんな感じ。

moo#4
今回使用した写真です。注文時にあらかじめ用意しておくことができなかったので、 iPhone のライブラリに入っていた娘の写真を使用しましたw一応ソレっぽくするためにセピア調に加工w

moo#5
さすがに電話番号部分は隠しました。このデザインですと、6行まで自由に文字を入れられます。

moo#6
もともと買う予定はなかったのですが、ミニカードの色にマッチする上になかなかかわいいデザインだったので注文したカードホルダーです。

moo#7
カードホルダーにミニカードを入れてみたところ。13枚まで入りました。

これまで名刺は国内の業者に頼んでいましたが、ビジネス以外のソーシャル色が強い場で利用するミニカードであれば、海外の業者を使うのもアリだな、と思いました。ただ、カードに日本語フォントを使用する場合には海外業者では厳しいかも?

あ…いまさら気づきましたが Twitter アカウント入れ忘れましたorz
私のアカウントは @tocky816 ですwよろしければ。

0 件のコメント: