2009/10/18

モレスキンノートと話題の文房具を買ってきた

私は思考の整理をするときやセミナーなどのメモをとるときに FreeMind を使ってマインドマップにまとめることが多いのですが、ここ最近はアナログな手法 (紙とペン) でマインドマップを描くことに楽しさを覚えてきました。

つい先日、あるテレビ番組で文房具の売れ筋ランキングのようなものを放送していて、たまたま見ていたところとても興味をそそる文房具があったのでその場で即メモしておき、今日丸善本店で購入してきました。

購入したペンたち

手前に中身の入っていないホルダーが2本。真ん中にリフィルゲルが数本あります。
この商品、三菱鉛筆から発売されているスタイルフィットというシリーズです。従来のように黒、赤、青といった定番の組み合わせではなく、イチから自分ですべて選ぶことができるカスタマイズペンなのです。
ホルダーは単色用、3色用、5色用となっており、リフィルゲルは16色の中から選ぶことができます。また、ペン先も 0.28mm、0.38mm、0.5mm を選択可能です (加えてシャーペンもあります)。

今回私は5色ホルダー1本と3色ホルダー1本、シャーペンを含むリフィルゲルを8本選びました。たかがペンなんですが、実際文房具店で選んでいるときはワクワクしますw

3色は通常のメモなどに、5色はマインドマップ用に使おうと考えています。

テキストサーファーゲル

これはステッドラーが発売しているテキストサーファーゲルというものです。簡単に言うと蛍光ペン。ただインクが完全に固形となっていてまるでクレヨンのようです。実際の描き心地もクレヨンに近く、とてもスムーズに描くことができます。

テキストサーファーゲル

ペン先は写真のようになっており、減ってきたらペンの後ろを回してやります。ちょうどリップクリームのような感じです。

モレスキンノートとスタイルフィット

上の小さなモレスキンはこれまで使ってきているノート。下の少し大きめのモレスキンが今日買ってきたノートです。メモだけであれば小さなモノでも十分に足りるのですが、本格的にマインドマップを描くとなると小さすぎたのです。これからはこの2冊を持ち歩いて思考を整理していこうと思います。

1 件のコメント:

hiromi さんのコメント...

文房具屋は楽しいよねー。何にも買わなくても楽しめる。本屋に近い感じ。

自分は几帳面にかけないのでカッコイイノートかってもノートが汚れるのが嫌ですぐに何も書かなくなります('□’)

でも、おりもちっさいモレスキンのノートを貰ったので次こそはちゃんと使いたいなーと思ってまつ。